Instrument/Zaurus SL-760/sambaの設定

2017-06-14 (水) 06:49:17 (104d)

参考サイト

「security =」に関しての参考サイト

手順

基本的にZaurus ハマリ道: Samba で Zaurus のディスクを共有に沿って設定
ただし、自動接続は設定しない。

また、smb.confは少しアレンジしておく。

  • 「guest ok = yes」を削除
    それに伴い、「security = share」をglobalセクションに追加
  • IPベースのアクセスコントロールを行う

smb.conf

[global]						
# workgroup is either a domain name or a workgroup name
	workgroup = (ワークグループ名)
	log file = /dev/null
	hosts allow = 192.168.0.0/255.255.255.0 (例)
	smb passwd file = /etc/smbpasswd
#	username map = /etc/user.map
	security = share
#
# encrypt passwords is required for Win98, NT and Windows 2000
#
	encrypt passwords = yes

	coding system = utf8
	client code page = 932
	force create mode = 0755
	strict sync = yes
	sync always = yes

	interfaces = usbd0 eth0
#	wins support = yes
[system]							
	comment = System Folder 
	path = /root/samba
	read only = no
	browseable = no
#	guest ok = yes
	force user = root
[home]	
	comment = for User Data
	path = /home/samba
	short preserve case = no
	read only = no		
#	guest ok = yes
	force user = zaurus
[root]
	comment = root dir
	path = /
	short preserve case = no
	read only = no
#	guest ok = yes
	force user = root

メモ

  • 「security = user」(Default)
    Windowsでログインしたユーザーをユーザー名としてsambaにアクセスすることになるモード
    WindowsとUNIXでのユーザー名が異なる場合、ユーザーのマッピングが必要
  • 「security = share」
    Windowsでログインしたユーザーに関係なくsamba側で設定したユーザーとパスワードの組を入力すればsambaにアクセスできるモード

と理解(ぉ


注意)このバージョンのsafariではjavascriptがうまく動作しないので、recaptchaはページ切り替え版を利用しています。
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS