Misc/メールサーバー構築 Ubuntuの場合 のバックアップの現在との差分(No.1)


#contents
 
 *Postfixセットアップ [#o6c672dc]
 
 インストールはUbuntuインストール時に指定
 
 **main.cf [#v6217cc2]
 
  # See /usr/share/postfix/main.cf.dist for a commented, more complete version
  
  
  # Debian specific:  Specifying a file name will cause the first
  # line of that file to be used as the name.  The Debian default
  # is /etc/mailname.
  #myorigin = /etc/mailname
  
  queue_directory = /var/spool/postfix
  command_directory = /usr/sbin
  mail_owner = postfix
  default_privs = nobody
  unknown_local_recipient_reject_code = 550
  home_mailbox = Maildir/
  mail_spool_directory = /var/spool/mail
  
  
  smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (Ubuntu)
  biff = no
  
  # appending .domain is the MUA's job.
  append_dot_mydomain = no
  
  # Uncomment the next line to generate "delayed mail" warnings
  #delay_warning_time = 4h
  
  readme_directory = no
  
  # TLS parameters
  smtpd_tls_cert_file=/etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
  smtpd_tls_key_file=/etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
  smtpd_use_tls=yes
  smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
  smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
  
  # See /usr/share/doc/postfix/TLS_README.gz in the postfix-doc package for
  # information on enabling SSL in the smtp client.
  
  myhostname = localhost.localdomain
  alias_maps = hash:/etc/aliases
  alias_database = hash:/etc/aliases
  mydestination = localhost
  # DNSで作ったすべての名前を列挙
  relayhost = xxx
  # プロバイダのメールサーバー等のリレー先を書いておく
  mynetworks = 127.0.0.0/8 xxx.xxx.x.x/24 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
  # 自分のネットワーク名も付け加えておくことによりリレーできるようにする
  # mailbox_command = procmail -a "$EXTENSION"
  mailbox_size_limit = 0
  recipient_delimiter = +
  inet_interfaces = all
 
 **OB25B対策のためには [#tdc7c9d8]
 
 [[http://tech.ckme.co.jp/mail.shtml]]
 [[http://tech.ckme.co.jp/mail.shtml:http://tech.ckme.co.jp/mail.shtml]]
 OB25B対策が今後役に立つかも
 
 まだ実際には設定してないけれども…
 
 *IMAP4サーバー構築 [#r02477de]
 
 慣れているのでcourier-imapにする。
 
  sudo apt-get install courier-imap
  sudo apt-get install courier-imap-ssl courier-ssl
 
 ちなみに sslのまえは courier-imap 単独で入れたり remove したり… とくになにか影響はないと思うけれども
 
 over SSL のみ有効にしたいため
 
  sudo vi /etc/courier/imapd
 
  IMAPDSTART=NO
 
 としておく。パスワードをUNIXパスワードと別にするのはSSL化してるのでいいやという結論で。
 
 **SSL用のpemkey作り直し/サーバー名対応 [#f03b0d1a]
 
 Ubuntuは CA.sh が最初から入っている。
 
  /usr/lib/ssl/misc/CA.sh
 
 あとは [[Misc/SSL証明書]] を参考。ちなみに demoCA/serial の中身は 01 (適時変更)しておく。そうしないとサーバー名/シリアル同じ場合証明書が無効といわれる。
 
 *参考サイト [#s937757c]
 
 

注意)このバージョンのsafariではjavascriptがうまく動作しないので、recaptchaはページ切り替え版を利用しています。
トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS