Misc/内部用DNSサーバー構築 vm-sigel

2017-06-14 (水) 06:49:17 (101d)

初期設定はUbuntuサーバーインストール時にある程度設定済み

設定ファイルの作成

/etc/bind/db.root

デフォルトのものを利用

/etc/bind/named.conf

// This is the primary configuration file for the BIND DNS server named.
//
// Please read /usr/share/doc/bind9/README.Debian.gz for information on the
// structure of BIND configuration files in Debian, *BEFORE* you customize
// this configuration file.
//
// If you are just adding zones, please do that in /etc/bind/named.conf.local

include "/etc/bind/named.conf.options";

// prime the server with knowledge of the root servers
zone "." {
        // ルート DNS の情報
        type hint;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.root";
};

// be authoritative for the localhost forward and reverse zones, and for
// broadcast zones as per RFC 1912

// localhost の正引きの設定
zone "localhost" {
        // Master DNS Serverであることを示す
        type master;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.localhost";
};

// localhost の逆引きの設定
zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
        // Master DNS Serverであることを明示
        type master;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.0.0.127";
};

// xx.xxx の正引きの設定(内部用ドメイン)
zone "xx.xxx" {
        // Master DNS Serverであることを明示
        // 内部から *.xx.xxx を引いたときにきちんと見えるよう設定
        type master;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.xx.xxx";
        allow-update{
                192.168.1.50;
                127.0.0.1;
        };
};

// 192.168.1.* の逆引きの設定
zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
        // Master DNS Serverであることを明示
        type master;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.1.168.192";
        allow-update{
                192.168.1.50;
                127.0.0.1;
        };
};

// yyy.yy の正引きの設定(DDNSドメイン)
zone "yyy.yy" {
        // Master DNS Serverであることを明示
        // 内部から tldsjp.yyy.yy を引いたときにきちんと見えるよう設定
        type master;
        // ファイル名
        file "/etc/bind/db.yyy.yy";
};

include "/etc/bind/named.conf.local";

/etc/bind/named.conf.options

options {
        // zone ファイルの格納場所
        directory "/var/cache/bind";

        // If there is a firewall between you and nameservers you want
        // to talk to, you might need to uncomment the query-source
        // directive below.  Previous versions of BIND always asked
        // questions using port 53, but BIND 8.1 and later use an unprivileged
        // port by default.

        // query-source address * port 53;

        // BIND の利用を許す範囲を指定
        allow-query {
                // 自分自身( localhost )
                127.0.0.1;
                // 192.168.1.* ( Subnet 255.255.255.0 )
                192.168.1.0/24;
        };

        // スレーブ DNS のアドレスを記述。内向き DNS の場合は必要ないが一応記載。
        allow-transfer {
                // 自分自身( localhost )
                127.0.0.1;
                // 192.168.1.* ( Subnet 255.255.255.0 )
                192.168.1.0/24;
        };

        // If your ISP provided one or more IP addresses for stable
        // nameservers, you probably want to use them as forwarders.
        // Uncomment the following block, and insert the addresses replacing
        // the all-0's placeholder.

        // forwarders {
        //      0.0.0.0;
        // };
        // 自前で名前解決できないとき、まずはプロバイダの DNS へ聞きに行く様にする。
        forwarders {
                aaa.bbb.ccc.ddd;  // プロバイダのプライマリ DNS の IP アドレス
                aaa.bbb.ccc.eee;  // プロバイダのセカンダリ DNS の IP アドレス
        };

        auth-nxdomain no;    # conform to RFC1035
        listen-on-v6 { any; };
};

/etc/bind/named.conf.local

//
// Do any local configuration here
//

// Consider adding the 1918 zones here, if they are not used in your
// organization
//include "/etc/bind/zones.rfc1918";

コメントだけですが…

/etc/bind/db.localhost

$TTL 1D

@  IN  SOA  xxxxx.xx.net.  root.xxxxx.xx.net. (
       2006090300 ; シリアル番号
       3H
       1H
       1W
       1D )

           IN NS xxxxx.xx.net.
localhost. IN A  127.0.0.1

/etc/bind/db.0.0.127

$TTL  1D

@  IN  SOA  xxxxx.xx.net.  root.xxxxx.xx.net. (
       2006090300
       3H
       1H
       1W
       1D )

       IN  NS  xxxxx.xx.net.
1      IN  PTR localhost.

/etc/bind/db.xx.net(内部用設定ファイル)

$TTL  1D

@  IN  SOA  xxxxx.xx.net.  root.xxxxx.xx.net. (
       2006090300
       3H
       1H
       1W
       1D )

            IN  NS      xxxxx.xx.net.
            IN  MX  10  xxxxx.xx.net. ; メールサーバのホスト名を指定
                                      ; 10 は優先順位。

router      IN  A       192.168.1.1
xxxxx       IN  A       192.168.1.10
xx.net      IN  A       192.168.1.10
chrono      IN  A       192.168.1.3

dns         IN  CNAME   sigel
www         IN  CNAME   sigel
smtp        IN  CNAME   sigel
pop         IN  CNAME   sigel

/etc/bind/db.1.168.192

$TTL  1D

@     IN  SOA  xxxxx.xx.net.  root.xxxxx.xx.net. (
      2006090300
      3H
      1H
      1W
      1D )

      IN  NS  xxxxx.xx.net.

           IN  PTR   xx.net.       ; 解決するドメイン
           IN  A     255.255.255.0 ; サブネットマスク

1          IN  PTR   router.xx.net.
10         IN  PTR   sigel.xx.net.
2          IN  PTR   chrono.xx.net.

/etc/bind/yyy.yy(DDNSドメイン設定ファイル)

$TTL  1D

@  IN  SOA  yyyyy.yyy.yy.  root.yyyyyy.yyy.yy. (
       2006090300
       3H
       1H
       1W
       1D )

          IN  NS      yyyyyy.yyy.yy.
yyyyyy    IN  A       192.168.1.10

その他のファイルの設定

/etc/hosts

DNS サーバの情報と hosts の情報が不整合を起こさない為に localhost 以外はコメントアウト

今回は 127.0.0.1のエントリーしかなかったのと IPv6 のよくわからないエントリーだけだったのでそのまま

/etc/resolv.conf

search          xx.net
nameserver      127.0.0.1
nameserver      プロバイダのDNSサーバー

/etc/nsswitch.conf

hostsの行にdnsが含まれていること

hosts:      files nisplus nis dns

/etc/host.conf

order hosts,bind

DDNSセットアップ

DDNSセットアップ

参考サイト


注意)このバージョンのsafariではjavascriptがうまく動作しないので、recaptchaはページ切り替え版を利用しています。
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS