Misc/DDNSセットアップ

2017-06-14 (水) 06:49:17 (161d)

DDNSインストール

ISC DHCP Production Release Info

$ wget http://ftp.isc.org/isc/dhcp/dhcp-3.0.4.tar.gz
$ tar xzvf dhcp-3.0.4.tar.gz
$ cd dhcp-3.0.4
$ ./configure
$ make
$ su
# make install
# touch /var/state/dhcp/dhcpd.leases

設定

/etc/dhcp.conf

#Sample configuration file for ISC dhcpd
#

ddns-update-style interim;

default-lease-time 600; #クライアントIPアドレスのデフォルトリース時間
max-lease-time 7200;    #クライアントIPアドレスの最大リース時間

log-facility local7;    #ログ出力の指定

option domain-name "xx.net";             #クライアントに付与するドメイン
option domain-name-servers 192.168.1.10; #クライアントに付与するDNSサーバ

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {  #DHCPを動作させるネットワークインターフェイスの情報
    range 192.168.1.100 192.168.1.200;      #クライアントに付与するIPアドレス
        option routers 192.168.1.1;         #クライアントに付与するデフォルトルータのアドレス
}

zone xx.net. {
   primary 192.168.1.10;
}

zone 1.168.192.in-addr.arpa. {
   primary 192.168.1.10;
}

/etc/named.conf

変更点のみ

// xx.net の正引きの設定(内部用ドメイン)
zone "xx.net" {
   // Master DNS Serverであることを明示
   // 内部から *.xx.net を引いたときにきちんと見えるよう設定
   type master;
   // ファイル名
   file "xx.net";
   allow-update{ # <- DNSをUpdate可能な範囲を指定しておく
    192.168.1.10;
    127.0.0.1;
   };
};

// 192.168.1.* の逆引きの設定
zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
   // Master DNS Serverであることを明示
   type master;
   // ファイル名
   file "1.168.192.in-addr.arpa";
   allow-update{ # <- DNSをUpdate可能な範囲を指定しておく
     192.168.1.10;
     127.0.0.1;
   };
};

設定ファイル権限設定

# cd /var/named
# chown named:named *

動作確認

$ nsupdate -d
> update add ryvius.xx.net. 3600 in a 192.168.1.100
> send
> update add 100.1.168.192.in-addr.arpa. 3600 in ptr ryvius.xx.net.
> send
> quit
$ host ryvius.xx.net
$ host 192.168.1.100
$ nsupdate -d
> update delete ryvius.xx.net.
> send
> update delete 100.1.168.192.in-addr.arpa.
> send
> quit
$ host ryvius.xx.net
$ host 192.168.1.100

自動起動設定

  • /etc/init.d/dhcpd
#!/bin/bash

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
[ -r /etc/sysconfig/network ] && . /etc/sysconfig/network

# Check that networking is up.
[ "${NETWORKING}" = "no" ] && exit 0

[ -f /usr/sbin/dhcpd ] || exit 0
[ -r /etc/dhcpd.conf ] || exit 0

RETVAL=0
prog="dhcpd"

start() {
        # Start daemons.
        echo -n $"Starting $prog: "
        daemon /usr/sbin/dhcpd ${OPTIONS}
   RETVAL=$?
   [ $RETVAL -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/dhcpd
   echo
   return $RETVAL
}
stop() {
        # Stop daemons.
        echo -n $"Shutting down $prog: "
#  /usr/sbin/rndc stop
        killproc dhcpd
   RETVAL=$?
   [ $RETVAL -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/dhcpd
        echo
   return $RETVAL
}
restart() {
   stop
   sleep 2
   start
}  

# See how we were called.
case "$1" in
   start)
       start
       ;;
   stop)
       stop
       ;;
   restart)
       restart
       ;;
   condrestart)
       [ -f /var/lock/subsys/named ] && restart || :
       ;;
   *)
           echo "Usage: named {start|stop|restart|condrestart}"
       exit 1
esac

exit $?
# cd /etc/rc3.d
# ln -s ../init.d/dhcpd S99dhcpd
# cd /etc/rc5.d
# ln -s ../init.d/dhcpd S99dhcpd

参考サイト


注意)このバージョンのsafariではjavascriptがうまく動作しないので、recaptchaはページ切り替え版を利用しています。
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS